[PR]激安災害対策は防災用品.com    [PR]カー用品・育児グッズは STWorks Store
+★ブログ村参加中★
ブログ村
「シャルトリュー」「高齢ママ育児」「二人目育児」
ランキングに参加中です。
よかったらポチっとお願いします。
にほんブ

ログ村 猫ブログ シャルト

リューへ
にほんブ

ログ村 子育てブログ 高齢

ママ育児へにほんブ

ログ村 子育てブログ 二人

目育児へ
+CM space
+☆★登場人猫紹介★☆

ユッケ(♀・シャルトリュー)
2007年6月生まれ
出身:大阪市内ペットショップ


カルビ(♂・シャルトリュー)
2009年1月生まれ
出身:長野県 Cattery Fiorire


テン子(♀・人間)
2010年1月生まれ
出身:大阪府


ヨ太郎(♂・人間)
2011年9月生まれ
出身:大阪府
+CM
+google ads
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 出産について | main | 予防接種スケジュール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
奇跡?の妊娠 〜one year ago〜


   今からおよそ2年前



2010/1/31


10:39 pm



「次のお産までには痩せて体力つけなアカンな」


娘を産んだ直後


担当医は
まだ分娩台に乗ったままの私にそう言った。



これまでに味わったことのない痛みを
乗り越えたばかりにである。



   え…ぇ?もう次?



これまでに2人目が欲しいとか産みたいとか…
そんな希望を先生に語った記憶もない(笑)


確かに
私の年齢、体力…子宮の状態?



全てお見通しの担当医の言葉は
的を射ていた。


まぁ、


おっしゃる通り


子供は2人欲しくて
理想は2学年差で…とか


夢でしたよ?


でも…


分娩の最中は
あまりにもの痛みで
「もう無理…絶対に次はない!」
って真剣に思ったのが事実。



そんな2010年1月31日だったわけです。



そして…



そんなやり取りから
およそ1年後の去年2月




   次の受診までに母子手帳を発行してきてください。




再び訪れた病院で
あの担当医…Y先生に、そう言われた。


息子の帝王切開にも立ち会ってくれた
産科部長である。


悔しいことにY先生との約束は果たせておらず…
体重はむしろ少し増量気味?だった(恥)




   もぅ絶対に太らないこと!




妊娠判定が出た直後にもかかわらず
おめでとうより何よりの厳しい一言が飛ぶ(泣)



兎にも角にも



あー
これで夢の2学年差キョウダイだわ〜



めちゃめちゃ幸せだったわけです…ハイ。






3月17日(妊娠13週目)





実家の母の車で
近所の郵便局へ…



大事な書類を郵送するため
配達証明を取るのが目的。



妊娠が確定してから
久々の外出だった。



小さな郵便局だったので
順番を待つことなく窓口へ並ぶ。



すると…


あれ?


なんか…オカシイ



手続き中に身体に異変が…



嫌な予感がして青ざめる。



人生でまだ一度しか体感したことがないアノ感触




   まさか…破水…




全身の血の気が引く。


急いで手続きを済ませ
ひとまず郵便局の外で待っている母のところへ…


そう思って歩き出し
自分の足を見下ろしたら


血が伝ってきていた。



頭が真っ白になる。



  早く…早く病院へ電話しなきゃ…




血まみれの手で携帯を取り出し
震える手で病院へ電話した。




   さすがに…もぅダメかもしれない…。




コールしながら
ぼんやり弱気なことを考える。



今思うと
息子に申し訳なくて泣ける…



電話に出てくれた看護師さんの対応は冷静で
落ち着いて今から病院へ来てください…
来れますか?


そんな事を言われた気がする。


あまりにも気が動転していて
実はあまり記憶がない…(涙)



そのまま母の車で急いで病院へ向かう。



真冬だったこともあり
黒のロングスカートに黒いコートを羽織っていたため
血に染まっているであろうスカートは目立たず
そのまま産婦人科へ辿り着く。



   あの…先ほど電話した者ですが



そう言って受付を済ませる。
スグに診察室へ通してもらえるかと思っていたのに…




   3番の診察室前でお待ちください。




いつものごとく
ゆっくり丁寧な対応。



しかも…けっこう待たされた。



ぇ。




だ…大丈夫なんか
こんなのんびりで(汗)





   ○○さん診察室3番へどうぞ〜





普通に検診で訪れている妊婦さんと同じって…
もしもの場合どうすんのよコレ


泣くことも許されないのか。



そんなことをボンヤリ考えていた。




後でわかったことだが



最悪の場合は血が出るだけじゃ済まない
激痛を伴うのだ。




  痛みはありますか?



電話に出た看護師さんからの
この質問は重要だったんだと後にわかる。




診察室に入ると…
あのS医師が座っていた。

(参照記事) ↓
http://shall-nama.jugem.jp/?eid=458




   だいぶ血ぃ出て…焦ったやろ?




心配してくれてるンだか微妙な感じ。
とにかくマイペースな会話が続く。




   子宮の中に血の塊があってな…





はい…





   それが急に破裂したんやな。





はぁ…





   赤ちゃん今は無事やけど…油断できへんから。





そして切迫流産の診断がくだされ
絶対安静が言い渡された。





   これからも、たぶん出血は続くとおもうわ…




血の塊がまだ残っているらしく
それが出切るまでは少量ずつ出血するらしい。


ふむ…


私の場合は13週だったので
ベビがそれなりに大きくなっていたため
血と一緒に流れ出さず耐えてくれたようだ。



そんな知識は後に独学で勉強して知ったことであり
当時は何も知らずにただ恐怖の連続だった。



   通常は安定期くらいに出血は止まるんやけどな…




やけど?



   アナタの場合は臨月まで、そのままかも?




へ?…なんで?




   いつ入院になっても、おかしくない状態やからな。




ん?ん?
ちょっとまてマテ…
普通の妊婦さんとなにが違うのだ?



そのあたりを深く突っ込んでも
何故か詳しい説明は得られず…




   僕の経験からして…そうなんです。




と、しか答えてくれない。



ぉぃぉぃ…ちょっと待てやコラ!
(とは言えない空気の市民病院)



いざ真剣な質問をぶつけても軽〜く流され
「詳しくは助産師さんに聞いてくれ」と言わんばかりに
診察室を追い出される。



そこで助産師さんに思いの丈を打ち明け
S医師を名指し「説明に誠意がない…答えてくれない」
ハッキリ言った。



ちなみに



S医師の見立ては見事にハズレ
出血は22週くらいで治まり入院も免れた。


その数週間後…


喜んだのも束の間
今度は逆子との診断…(涙)


週に一度、遠方までお灸に通い
自宅でも毎朝夕と自分で灸を据えた。


しかし…


今度は妊娠34週目前で妊娠糖尿病が発覚。
厳しい食事制限と血糖値測定かつ
インスリン自己注射を1日3回がんばった(涙)


そんなこんなで


出産目前の私の生活は…


毎食前後の血糖値測定(6回/1日)
毎食前のインスリン注射(3回/1日)
午前・午後のお灸(6ヶ所×2個×2/1日)


我ながら…
子持ちで、よくこんな生活が出来たモンだ。


協力してくれた両親&夫…娘よ
ありがとう。


**************


妊娠糖尿病については
詳細をUP予定です。




にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ

| 妊娠 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - | pookmark









http://shall-nama.jugem.jp/trackback/453
浜崎あゆみ プライベート流出 放送事故も マニュエル・シュワルツ氏と離婚
浜崎あゆみがスピード離婚?!芸能動画ニュース
| マニュエルシュワルツとの新婚時代のイチャイチャ動画がすごいと話題に【動画公開中】 | 2012/01/18 6:36 PM |